不眠症(睡眠障害)

あなたが今、このページをご覧になっているとういことは
あなたご自身やご家族、ご友人、大切な人が
「不眠症」の症状によって苦しんでいるということでしょうか。

当院は2010年の開院以来、たくさんの患者さんに出会ってきました。

その中には不眠症の症状に悩まされている方もいらっしゃいました。

もしも、あなたが不眠症のことで何かお困りであれば
当院でお力になれることについて書きましたので、是非じっくりとお読みください。


こんな症状でお困りではないですか?

・布団に入ってから寝るまでに30分~1時間以上かかる。

・夜中に何度も目が覚め、その後なかなか寝付けない。

・朝、予定時間より早く目が覚めることが多い。

・よく寝たはずなのに、昼間眠くなってしまう。

・眠剤を飲まないと眠れない。

・上手く眠れなくなってから、腰痛や肩コリが悪化している。


不眠の状態が続くと、十分な休息が取れていないため
常に倦怠感があり、意欲低下、集中力低下、めまいや食欲不振など
さまざまな症状が現れ、とっても辛いですよね。


こんなに辛いのに、なかなか周りの人に理解されず、
「生活習慣が悪いんじゃない?」など言われ
真剣に受け止めてもらえない・・・。



当院には、こんな深刻な悩みを抱えた患者さんが来院されています。


当院では鍼灸やカイロプラクティックによる治療を行い
根本改善・再発予防を目指して取り組んでいますので、
どこに行けばいいかわからないあなたもお気軽にご相談ください。


問診の様子

不眠症ってなあに?

不眠症は大きく4つに分けられ、日本睡眠学会による不眠症の定義では

入眠障害:夜間中々入眠出来ず寝つくのに普段より2時間以上かかる

中間覚醒:一旦寝ついても夜中に目が醒め易く2回以上目が醒める

早朝覚醒:朝普段よりも2時間以上早く目が醒めてしまう

熟眠障害:朝起きたときにぐっすり眠った感じが得られない


この様な不眠の訴えがしばしば見られ(週2回以上)、
かつ少なくとも1ヶ月間は持続すること。
不眠のため自らが苦痛を感じるか、社会生活または職業的機能が妨げられること。
なお精神的なストレスや身体的苦痛のため一時的に夜間良く眠れない状態は、
生理学的反応としての不眠ではあるが不眠症とは言わない。

と記載されています。


不眠の症状がある人は、十分な睡眠をとっている人と比較して
糖尿病になるリスクが1.5~2倍に上昇することや、
高血圧や肥満のリスクも高くなることがわかっています。


しっかり向き合って治していかなければならない深刻な問題です。


なんで不眠症になるの?


睡眠は自律神経と大きく関わります。


自律神経には交感神経と副交感神経があり
活動モードの時は交感神経、
リラックスモードの時は副交感神経が働きます。


眠るときは副交感神経が働くのですが
なんらかの原因で副交感神経が働かなくなってしまったとき
上手く睡眠をとることができなくなります。


その原因はさまざまで、生活習慣の乱れ、ストレス、
コーヒー、たばこ、お酒などの刺激物が原因となることもあります。


鍼やカイロでどんな治療をするの?


自律神経のバランスを整えるには鍼やカイロプラクティックはとても有効です。


また、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)などの
オステオパシーというテクニックを組み合わせると、より効果的です。


力任せのバキバキ整体や、ただグイグイ揉むだけのクイックマッサージで
症状が改善されるのを望むのは難しいでしょう。


身体のゆがみや筋肉、血流などの問題をひとつひとつ解決し、
生活習慣を改善していくことで、自律神経のバランスを整えることができます。


ではなぜ、自律神経が上手く働かなくなってしまったのか?


それはあなたのバックグラウンドにヒントがあります。


食事・睡眠・運動・姿勢・ストレス・・・


それを知るために当院の初診ではしっかりお話を聞き、
検査することにお時間を使わせて頂きます。


徹底的に分析し、あなたにあった治療をご提案します。

当院の検査は11年かけて作り上げた独自の検査法で、対象箇所は322カ所。


そこからあなたに必要な箇所を選択して、最終的に8種類16項目で総合評価します。


検査結果と症例データを照らし合わせて、最も治癒率の高い治療計画を立てます。


薬に頼らない生活を送るには、原因を治療して根本的な改善が必要不可欠です。


しっかりとあなたの身体を診させていただき
根本的に改善できるよう最適な治療を提供します。


どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。


不眠症で通院されている患者さんの声

当院に不眠症の治療で来院された患者さんから
いただいた感想を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ